ゴールデンウィークに読みたい! 傑作ショートショート集5選

小説作品

今週はゴールデンウィークに読みたい傑作ショートショート集をご紹介します!(^^)!

ショートショートならではの短い内容かつ読みやすい内容なので、普段読書をされない方々にもおススメできるラインナップになっています!

ボッコちゃん/星新一

URLリンク:Amazon

ショートショートといえば、やはり星新一!

この作品集にはユーモア溢れる筆致にユニークな着想が存分に散りばめられており、表題作である「ボッコちゃん」をはじめ「おーい でてこーい」「殺し屋ですのよ」「月の光」「暑さ」「不眠症」「ねらわれた星」などの意欲作が50作も収録されております。

特に「おーい でてこーい」では、突如現れた底なし穴に人間たちが生産・消費し尽くしたことで発生したゴミや排水物・放射性廃棄物などを次々に捨てていく描写があり、現代の大量消費社会を予見するかのようでドキリとさせられます。

鍵穴ラビリンス/江坂遊

URLリンク:Amazon

ショートショートの神様と呼ばれた星新一の弟子であり、第2回星新一ショートショート・コンクールで最優秀賞(受賞作「花火」)も受賞した江坂遊のショートショート傑作選です。

56作ものボリュームある作品数はもちろん、星新一から受け継いだ読者を惹きつける世界観と作者独自のホラーテイストな作風を活かした作品集です。

スリラーハウス―新作ショート・ショート集/都筑道夫

URLリンク:Amazon

日本に「ショートショート」という言葉とその奥深さを広く伝えた都築道夫の『スリラーハウス』。

推理作家でもある作者が織りなす不気味さは、執筆当時から40年以上の歳月を経た現在でも健在です。

青い罠 阿刀田高傑作短編集 ブラックユーモア/阿刀田高

URLリンク:Amazon

「星新一ショートショートコンテスト」の審査員を引き継ぎ、今なおショートショートを幅広い世代に伝え続ける阿刀田高の作品集です。

奇妙あり、ミステリあり、ブラックユーモア溢れるスパイスの効いたショートショートは本作でしか味わえません。

海色の壜/田丸雅智

URLリンク:Amazon

江坂遊の弟子であり、雑誌やメディアにもたびたび紹介されている次世代ショートショート作家の田丸雅智著『海色の壜』。

師・江坂遊の流れを汲む作風ですが、中にも作者の異彩が存分に発揮されている「海色酒」はノスタルジアさを感じることのできる、味わい深い作品です。

ちなみに「海酒」はピース・又吉直樹主演で映画化もされています。

SS作家・田丸雅智さんの小説が短編映画化・愛媛新聞
出典元:YouTube

最後に

さて、今回はショートショート集について紹介させていただきました。

今回はショートショート界を代表する作家の作品を紹介させていただきましたが、実はこのほかにも今回紹介しきれなかった『伊豆の踊子』『雪国』などで知られる川端康成(『掌の小説』)や『時をかける少女』の筒井康隆(『笑うな―筒井康隆ショート・ショート集』)もショートショート作品を執筆しています。

短いながらも秀逸なオチがあるショートショートの世界。奥深くて味わいのある作品集を皆さんもゴールデンウィークに楽しんでみませんか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました